クリアポロンの効果的な使い方。どれくらい使えばいい? | クリアポロン口コミDX|効果なしの評判と最安値比較

クリアポロンの効果的な使い方。どれくらい使えばいい?

クリアポロンの効果を得るためには、毎日2回(起床時と寝る前)適量を塗ることと、3ヵ月程度は継続して使用することが必要です。

この記事では、クリアポロンの正しい使用方法と効果が得られるまでの期間について説明します。

クリアポロンの効果的な使い方

クリアポロンの正しい使用方法とは、毎日2回(起床時と寝る前)、清潔な肌に適量を塗ることです。ポイントは“適量”で、少ないと有効成分が十分に浸透しませんし、多すぎてもやりすぎケアとなってお肌に負担を与えます。

朝のケアによって肌のバリア機能を高め、紫外線や摩擦から肌を守ります。また、夜のケアによって寝ている間に行われる肌の再生を助けます。化粧品の有効成分は、肌が温まって血流がよくなった状態のときによく浸透しますので、夜のケアの前には入浴することがお勧めです。

  1. クレンジング・洗顔をし、水分をよく拭き取る。
  2. クリアポロンを<1円玉大>手に取り、手のひらで温める。
  3. 温めたクリアポロンを、顔や首など気になる部分にやさしく塗り込む。
  4. 塗り込んだ後1〜2分おき、二度塗りする

二度塗りはマストではありませんが、行うと効果を実感しやすくなるようです。

クリアポロンは何日塗り続ければいい?

クリアポロンの効果として何を求めるかによって、どのくらいの期間塗り続ければよいかは異なります。保湿をしたいのであればすぐに効果を感じることもありますが、ざらつきやイボを目立たなくしたいのであれば3ヵ月程度は継続して使用する必要があります。

初日から保湿力を感じる

肌が保湿されているとは、表面の角質層に十分な水分が含まれており、かつその水分が逃げないようなバリア機能が働いている状態です。本来、肌は自力で保湿できる機能をもっていますが、洗顔や紫外線などの刺激を受けながら暮らす中では、化粧品の助けが必要になることがほとんどです。

クリアポロンには、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど複数の保湿成分が含まれています。また、プロテオグリカンという、保湿成分を自ら産生することを助ける成分も含まれています。

これらの保湿成分は、肌が自力で保湿する力を高めるような長期的な手助けをしますが、同時に、現在乾燥している状態を改善する瞬間的な手助けもしてくれます。そのため、保湿という点では、例えばつけたときのしっとり感が翌朝まで続く、というように、使い始めてすぐに効果を感じることができる場合もあるのです。

個人差があるが早い人で2週間、長い人は3ヶ月

クリアポロンに求める効果がざらつきやイボの軽減だという場合には、変化を感じるまでにやや時間がかかります。それは、少なくとも肌のターンオーバーが1周するだけの期間が必要だからです。

肌は約28〜40日周期で新しく作り替わっており、このサイクルをターンオーバーといいます。ターンオーバーは、年齢や肌へのストレスによって短くなったり長くなったりします。そのため、ターンオーバーの期間には個人差があり、また同じ人でもそのときの状況によって異なってくるのです。

肌のざらつきやイボは、古い角質が溜まって固くなったものです。ですからそれを目立たなくするためには、ターンオーバーによって古い角質が剥がれることが必要です。クリアポロンに含まれるあんずエキスとヨクイニンは、古い角質をやわらかくし、細胞の新陳代謝を高めることで、肌のターンオーバーを促進します。

これらのことから、ざらつきやイボが変化したかどうかを判断するまでには、ターンオーバーの期間が短い人で2週間程度、長い人で3ヵ月程度の時間が必要なのです。

まとめ

クリアポロンの効果的な使用方法とは、毎日2回(起床時と寝る前)、清潔な肌に適量を二度塗りすることです。

クリアポロンの効果を感じるまでには、保湿であれば早くて数日、ざらつきやイボの軽減であれば2週間から3ヵ月程度かかります。

肌のターンオーバーには、長い人で3ヵ月程度かかります。クリアポロンの効果の有無は、ターンオーバーが1周するまで使用すると判断できるので、肌に合わないということがないのであれば、3ヵ月は使用を継続してみるのがよさそうです。